自己破産の管財事件は費用が高額

自己破産すると借金がなくなるので、借金問題で苦労しているような人からすると非常にありがたい手続きではありますが、自己破産するには弁護士費用だけでなくて手続き費用もある程度必要になってくるということを忘れている人は意外と多いです。

自己破産は仕事がなくて資産がないような人は、費用は安くて済みますが、資産があるような人が自己破産すると、資産を債権者に分配するような手続きが必要になってくるので、余計な手続き費用が必要になってくるんですよね。

こういった20万円以上の資産がある人が行う自己破産の手続きが管財事件という手続きになります。

管財事件は手続き費用だけでなく、弁護士費用も高くなることが多いので、基本的に管財事件は費用が高額になりがちです。

それなら費用が安い同時廃止という手続きがいいと思う人も多いですが、資産があるのにそれを意図的に売却したりして資産をごまかそうとすると、免責が得られなくなる可能性があります。

免責を得られないと自己破産する意味がないので注意が必要です。

自己破産を行う際には、自分の資産状況などをしっかりと確認して、同時廃止になるのか、管財事件になるのかしっかりと見分けてから行うようにするといいと思います。任意整理おすすめ弁護士事務所ランキング